ATV の強さとは:

【組織マネジメント】
  • 人材採用:
    当社はお客様の研究開発を担える人材を主な採用ターゲットとしております。そのため、ハノイ工科大学をはじめ、IT人材育成機関としてベトナムでトップクラスと言われる大学と緊密に連携しています。毎年、これらの大学からの学生が当社で実習するインターンプログラムを実施しています。このプログラムを通じて、開発チームに貢献できる優秀な人材を集中的に採用しております。
  • 人材育成:
    当社では、プログラミングスキル、管理スキル、新技術などをテーマにした経験共有会を定期的に開催しております。それは「共に成長する」ためでもあり、エンジニアの質の強化・スキルアップのためでもあります。
    私たちの組織力は、日系及びその他外資系企業のお客様向けのソフトウェア開発サービスに約10年間取り組んだCTO、プロジェクトリーダーや、ソフトウェア技術の習得や研究に情熱を持つ、若い人材の組み合わせによってつくられているものです。生産性や商品の品質を改善するために、Agile など新たな開発モデルや管理モデルを研究し、導入しております。
【開発マネジメント】
  • 開発プロセス:
    当社では Agile というプロジェクト開発手法を導入しています。週単位で、システムの新機能や改善した機能を含んだ最新バージョンをリリースしています。これにより、お客様に納品するまでの期間を縮小できます。
  • ソースコードの品質管理:
    当社では、開発チームにより書かれたソースコードは、全て経験者である技術者によってペアレビューしています。たった 1 行のコードでも、Unit テストとレビューは欠かしません。
    その目的はシステムをより簡単に維持することに加え、開発チームメンバーのプログラミング能力を高めるためです。
  • プロジェクトの開発経験の共有:
    プロジェクトを開発している間、問題をどういうふうに処理したかというのを全部記録し、メンバー全員で共有しています。これにより、将来同じ間違いが発生するのを防ぐことができ、新メンバーが先輩の経験をより簡単に取得することができます。
【品質保証】
  • お客様に提供する際に最高のソフトウェア品質を確保することが、私たちの最大の目標です。 従来の品質保証方法と最新のサポートツールを組み合わせて使用​​しています。
  • お客様の要件の分析、さまざまなテストシナリオの定義と実行を専門とするチームがあります。 さらに、自動システムのテストと展開の手法を適用して、エラーを最小限に抑え、顧客への製品配信をスピードアップします。
【技術力向上】
  • ATVは、各個人のスキルセットを評価するシステムを構築しました。 四半期ごとに、各従業員は技術的なスキル(プログラミング言語、フレームワーク、分析スキル、詳細な設計など)についてレビューされ、より明確なキャリア開発目標を立てます。
  • これにより、各メンバーはスキルをより早く確実に向上させられ、ひいては、会社としてのトータルスキルアセットの向上につなげてまいります。