Post at: September 30, 2020
MEMS

[サービス開発の背景] 病院にはさまざまな種類の医療機器があります。 非常に価値があり、定期的に保守および修理する必要のあるデバイスがあります。 ただし、多くの病院では、これらのデバイスの管理が常に最新であるとは限らず、使用中に修理および保守文書が失われたり、修理ログが完全にアーカイブされなかったりする可能性があります。 これにより、在庫管理に多くの損失と困難が生じ、機器の寿命と容量が減少します。   [このサービスでできること] 医療機器管理ソリューションは、病院がすべての医療機器と消耗品を簡単に管理するのに役立ちます。 購入時から使用・保守・修理・廃棄までの各機器の使用工程は厳重に管理されています。 このシステムは、QRコードを使用してラベリング機能とトレーサビリティ機能を簡単に統合します。 それだけでなく、機器の保守と操作のすべての経験と関連ドキュメントがデジタル化され、必要に応じて参照できるように保存され、医療機器の使いやすさと寿命を最大化するのに役立ちます 病院様 統計レポートやグラフを通じて病院の管理者は医療機器の量や使用状況を迅速的かつ正確的に把握することが可能です。 医療機器の保守修理及び管理のコストが削減でき、又そのプロセスが効率的に行うことができる為、医療機器の使用率を最適化することも可能となります。 病院のデータのセキュリティや安全性を確保致します。 メーカ様 発生した故障及びMTBF、MTTRなどのような医療機器の各機種の品質指標に関する統計データを提供致します。 顧客である病院様との間で医療機器に関する情報を共有することが可能となります。 保守修理サービス提供者様 医療機器の保守修理及び管理のコストの管理を行うことにより、医療機器を効率的に行管理できます。 医療機器の保守修理の進捗を観察し、サービス状況をモニタすることが可能です。 病院様との間で修理保守情報連携をすることで医療機器の保守修理の質を向上させられます。 システムの主要な機能 ワークフローによる保守・修理の進捗管理 医療機器の保守修理アクセスはビジュアルな映像で反映され、そのアクセスの状態を迅速的且つ正確的に体現します。ワークフローはベトナムの実際の保守・修理活動に基づいて作成されたものです。 医療機器管理 機材の各種の情報(プロパティ)が、システム内に保存さている為、機材の管理、検索及び情報更新などの作業を、簡単に行うことができます。したがって、ご利用ユーザ様は管理下にある機材の数量や使用ステータスの概況を簡単に把握することができます。 QRコードによる容易なアクセス。 QRコードを使って機材管理することで、その機材に関わる取扱説明書やサービスマニュアルなどの資料の参照や、保守修理の状況確認や登録を、容易に行うことが可能です。 キーワード検索、保守・修理履歴検索…

Post at: September 30, 2020
ソーラードローン

ソーラードローン ソーラーパワーは、世界中で代替エネルギーのますます人気のある形になっています。ソーラーパワーはかつて非常に高価で設置が困難でした。 そのため、以前は非常に限られた分布しかありませんでした。現在のテクノロジーでは、インストールがはるかに簡単になります。しかし、ユーザーはまだソーラーパネルのメンテナンスが難しいという問題を解決する必要があります。 そのため、Solar Droneアプリケーションを作成します。最新のコンピュータービジョンテクノロジーを使用し、カスタムメイドのAI分類モジュールと組み合わせることで、ソーラードローンはユーザーがソーラーパネルをはるかに簡単に保守できるようにします。     元の画像 検出と検査結果     ソーラードローンには3つの主な機能があります: ① ソーラーパネルフィールドのドローン撮影画像からソーラーパネルを検出する ②  AIベースのテクノロジーを使用してパネルの現在のステータスを分析する ③  画像上やフィールド上の位置を利用して、パネルの状態を識別し、追跡します。 フィールド一覧画面 記録一覧画面   ソーラードローンは、画像から自動的に太陽電池パネルを検出し、識別することで、個々のパネルを手動で追跡しなければならないという問題を解決します。フィールドのメンテナンスにかかる時間を平均で4倍に短縮することができます。

Post at: September 30, 2020
ハンズオンラボ

状況   [サービス開発の背景] リモートワークの普及など、ITを駆使した新しい生活スタイルが出来上がりつつある現在、IT人材の育成が大きな課題となっております。一方、実際に現場で活躍できる技術者になるためには、座学だけでなく、実験室やシミュレーションで実際に手を動かし、試行錯誤しながら理解を深めていく必要があります。また、ネットワークインフラ等に関わる領域では、そもそも現場では失敗が許されないケースがほとんどです。そのような領域で活躍するエンジニアを育てていくためには、失敗ができるシミュレーション環境を準備する必要があります。 [このサービスでできること] ハンズオンラボは、Linuxコマンド、サーバー、データベースの構成方法、機械学習などについて学びたいすべての人のためのオンライン学習モデルです。これは、従来の方法よりもはるかに効率が優れています。学校やクラスに行く必要はなく、時間、空間、学習の進捗状況を管理できます。 また、仕事と同じ環境で練習することができます。 さらに、「テスト」を使用して知識をテストできます。 関数 ハンズオンラボは、ユーザーに以下に関するオンラインレッスンを提供します: 基本的なLinux 高度なLinux 機械学習 理論テスト 分野ごとに、ユーザー調査に基づいて個別のレッスンを設計し、ユーザーに最も重要で、 興味深いレッスンを提供します。 以下は、システムのフィールドのリストです。 各フィールドを選択すると、その領域のレッスンのリストと、進捗状況、学習したスキルのチャートなどのパラメーターが表示されます… レッスンごとに、ハンズオンラボが合成し、弱い部分を合成して、さらに練習が必要な部分を提案します。 そこから、レッスンを完了するためにさらに練習する必要のあるスキルがわかります。 Linuxの基本レッスン インターフェイス1のLinuxレッスンは、質問のリストと練習用のターミナルウィンドウの2つの部分で構成されています。 各質問で、ユーザーはヒント、ステートメントの説明、パラメーター、このステートメントの実行回数を表示し、コマンドが正しく実行されたかどうかを確認できます。 これらのコマンドは、隣の端末で直接練習できます。 Linuxで実際の端末を使用しているかのようにシミュレートします。 Linux高度レッスン この機能を使用すると、ユーザーは、Apache Webサーバー、MySQLデータベース管理システム、PHPプログラミング言語などのLinuxでフィールドを構成する方法を学習します。 サーバーを構成するだけでなく、ユーザーはSQLステートメントを使用してデータを取得し、実行した結果を含むWebページを表示する方法も学習します。 機械学習レッスン…

Post at: September 29, 2020
重機でGO

開発の経緯 「重機でGo」は福島県福島市に本社を構える土木工事主体の建設会社「寿建設株式会社」の方の声をヒントに製作されました。 重機を実際に操作する「オペレーター」が足りないという危機感や、未経験の人にも重機に触れ、操作に興味を持ってもらいたいという想いをうけて、開発がはじまりました。   こうしてうまれた「重機でGo」は、未経験の人だけでなく、既に現場で活躍している技術者の方の事故を防止するための「事故回避訓練」などにも利用できるメニューを追加しました。 ゲームではない「実際の環境と重機に即したシミュレーター」として開発を進めていきました。 ぜひリアリティにこだわった重機シミュレーターをお楽しみください。   こんな方にオススメです 実際に現場で活躍しているオペレーターの方 かけだし重機オペレーターの方 現場作業の休憩中に 実技試験前の練習用に 外国人技能実習生の訓練用に 試しに運転してみたい重機オタクのあなたも   重機でGOとは 本物の重機の操作感を体験できる、本格派・重機シミュレーターです。 実際に重機を使って活躍する建設会社の方の声から生まれました。  ショベルカーのレバーのパターンはJISパターンとコマツパターンで選択可能、旋回やアームの開閉スピードの設定もできます。 手元で気軽に楽しめるスマホ(iOS・Android)版と、迫力のあるVR版をご用意しています。 現在はショベルカーのシミュレーションが利用できます。他の重機も鋭意製作中!   スマホ版 お手持ちのスマホにインストールして気軽にお楽しみいただけます。 iOS版、Android版がありますので、お持ちの端末に合わせてお選びください。 VR版 VRゴーグルを使用し、リアルな操作感を体験できます。 Oculus Goのみ対応しています。…