ソーラードローン

ソーラーパワーは、世界中で代替エネルギーのますます人気のある形になっています。ソーラーパワーはかつて非常に高価で設置が困難でした。 そのため、以前は非常に限られた分布しかありませんでした。現在のテクノロジーでは、インストールがはるかに簡単になります。しかし、ユーザーはまだソーラーパネルのメンテナンスが難しいという問題を解決する必要があります。

そのため、Solar Droneアプリケーションを作成します。最新のコンピュータービジョンテクノロジーを使用し、カスタムメイドのAI分類モジュールと組み合わせることで、ソーラードローンはユーザーがソーラーパネルをはるかに簡単に保守できるようにします。

   
元の画像 検出と検査結果

 

 

ソーラードローンには3つの主な機能があります:

① ソーラーパネルフィールドのドローン撮影画像からソーラーパネルを検出する

②  AIベースのテクノロジーを使用してパネルの現在のステータスを分析する

③  画像上やフィールド上の位置を利用して、パネルの状態を識別し、追跡します。

フィールド一覧画面 記録一覧画面

 

ソーラードローンは、画像から自動的に太陽電池パネルを検出し、識別することで、個々のパネルを手動で追跡しなければならないという問題を解決します。フィールドのメンテナンスにかかる時間を平均で4倍に短縮することができます。