ソフトウェア開発の本質と目的は何?

オフショア開発(ソフトウェア開発)の本質とは、海外で行うシステム開発ということになります。プロジェクトの特徴によって、海外で行うのは、開発の一部だけか、若しくは開発の全部かが決まる。日本や欧米などの先進国に比べて新興国の人件費は低いので、海外企業が新興国のエンジニアを活用し開発することでコスト削減が見込めます。

世界第3位の経済発展国であり、老年人口である日本は、IT(情報技術)に対するニーズが増えていき、国内市場だけではニーズに対応しきれない恐れがあります。したがって、日本企業では海外の取引先とのオフショア開発が行われるようになってきました。

まとめると、オフショア開発の目的は以下の通りです。

  1. ソフトウェア開発に掛かるコストを削減できます。
  2. 開発範囲を海外に広けます。
  3. 国内の不足している人材を満たします。

その中に、オフショア開発=コスト削減 という暗黙の了解が出るほど、コスト削減が重視されています。ただし、システムの特徴によって、オフショア開発はコスト面において様々な効果が出せます。既存のシステムを改修したり、日本人の技術者に開発してもらったりすると、移転や調査や既存システムの説明などの費用が掛からないので、費用がオフショアより少なくなるかもしれません。 

 

なぜオフショア開発が失敗なのか

上記のように、オフショア開発は、コスト削減や事業移転においてシンプルで有効に思える手法です。しかし、失敗したオフショア開発が少なくありません。以下は私たちが分析しまとめた、オフショアの失敗に繋がる理由を述べます。

  • 品質が期待に応えられません。
  • ベトナムのオフショアチームとお客様との間の情報交換が十分に明確に行われません。
  • 日本のやり方をそのままベトナムに押し付けます。