オフショア開発とは?またその目的は?

ソフトウェアのオフショア開発とは、海外でシステムを開発する事を言います。プロジェクトの一部だけをオフショア開発する事も可能です。

【オフショア開発のメリット】

  1. コストの削減が出来ます。
  2. 国内のIT人材不足に左右されることがなくなります。
  3. 海外での開発が、その後の海外進出の足がかりとなります。

その中でも、オフショア開発=コスト削減という認識が生まれるほど、コスト削減については重要視されています。
ですが、すべてのケースでオフショア開発の方がコストが安くなるというわけではありません。
既存のシステム自体を改修したり、海外での開発にあわせて修正が発生したりする場合は、オフショア開発を行わないほうが良い場合もあります。
オフショア開発をしたほうがいい場合とそうでない場合を見極めていくことが重要になります。

なぜベトナムでのオフショア開発が行われるのか

オフショア開発とは、海外でシステムの開発をする事を言います。ではなぜ「ベトナム」でのオフショア開発が盛んに唱えられるのでしょうか。
それには、以下のような理由が挙げられます。

  • ベトナムが親日国であり「緩やかな同盟関係」と称されるいい関係を保っているから
  • 地理的・文化的な近さ
  • ベトナムの人件費が日本と比べて安いため
  • 政治的に安定しており、カントリーリスクが低いこと
  • 人材力あるため

このような理由により、2000年から現在まで、日本で働くベトナム人も、ベトナムに進出する日系企業も増加しています。
またベトナムのIT人材の能力向上は目覚しく、中国やインドの技術者と同等水準となってきています。
語学に関しても重視されており、ベトナムの大学では英語教育を実施しています。またいくつかの理工系大学では、日本語の授業が取り入れられており、「日本語が出来る技術者」の育成が進んでいます。

オフショア開発が失敗してしまう原因

オフショア開発はコスト削減や業務転換に対して非常に効果的な仕組みであるといえます。
一方で、ベトナムでのオフショア開発を行う際、以下のようなことに注意して対策を打たなければ、スムーズな開発が出来ず、オフショア開発自体が失敗してしまうこともあります。

  • ベトナムのオフショアチームとクライアント間の情報共有の不足
  • 文化や商習慣におけるギャップ
  • 要件や仕様など、特に開発上流工程に関する認識の摺合せ不足

そのようなことがないよう、我々は以下のような対策を取っています。